• ホーム
  • メールマガジン登録
  • サイトマップ
  • メタボリックシンドロームとは
  • 役に立つ注目のコラム
  • メタボリックシンドローム撲滅キャンペーンについて
検索

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは:どんなこと?

「メタボリックシンドローム」という言葉を聞いたことはありますか?

近年、「メタボリックシンドローム」という言葉は急速に広まり、“太っていればメタボ”と、太っている人の代名詞のように使われることが多くなりました。お腹がでっぷりとせり出したような、中高年男性に多い「内臓脂肪型肥満」が健康的ではないこと、そして、生活習慣を改善しましょう、といった雰囲気が社会の中に芽生え始めていることは、私達の健康を考えるうえで、大変大きな一歩であったと言えます。

しかし、「メタボリックシンドローム」が、太っているという見た目やお腹まわりの数値(腹囲)だけの問題ではないこと、そして“メタボ”の状態があなたの体にとって深刻な問題であることを、これからはもっと知っておいてほしいのです。ここで、メタボリックシンドロームがどのようなことなのか? そして、なぜ怖いのか?をいま一度ご理解いただき、今後の健康管理にお役立ていただければと思います。

メタボリックシンドロームとは?

「メタボリックシンドローム」は、「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、複数の病気や異常が重なっている状態を表します。どういう状態かというと、腸のまわり、または腹腔内にたまる「内臓脂肪の蓄積」によって、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病の重なりが起こっていることを示しています。

そして、この状態は、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまいます。つまり、それぞれの病気の診断基準を満たさない“予備群”や“軽症”の状態であっても、それらが2つ3つと複数重なっている場合は、動脈硬化の進行予防という観点から“すでに手を打たなければならない状態”として捉える、ということが「メタボリックシンドローム」の考え方なのです。

肥満には2つのタイプがあります

肥満には「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」があります。メタボリックシンドロームで問題なのは、内臓脂肪型肥満です。

内臓脂肪型肥満:内臓のまわりに脂肪が溜まる肥満。お腹がぽっこり出た体型から「りんご型肥満」とも呼ばれます。内臓周囲の脂肪は、比較的溜まりやすいですが、運動をしたり食事を適量にしたり、内容を工夫することで減りやすいといわれています。 皮下脂肪型肥満:腰まわりやお尻、太ももなどの下半身を中心に脂肪が溜まる肥満。「洋なし型肥満」とも呼ばれます。

メタボリックシンドロームの診断基準

平成17年4月、メタボリックシンドローム診断基準検討委員会(松澤佑次委員長)により策定された診断基準では、腹囲が基準値(男性で85cm、女性で90cm)をオーバーし、加えて、以下の項目のうち、2つ以上が当てはまると「メタボリックシンドローム」とされます。もし、腹囲が基準値以下であっても、内臓脂肪面積が100c㎡以上の人もいますので、正確な状態を知る際には腹部CTスキャンで測定を行います。年に一度は健康診断を受け、ご自身の健康状態を正しく把握しておくことは、とても大切です。

肥満を計る物差し BMI(ボディ・マス・インデックス)

同じ体重でも、身長の違いによって肥満の程度が違います。
この体重と身長の関係から肥満度を見るのが、BMIです。
BMIは以下の方法で算出できます。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

【例】

身長165cmで、体重67kgの人BMIは、[ 67÷1.65÷1.65=24.61 ]
この人のBMIは24.61となります。
BMI値18.5~24.9が正常で、25以上を肥満、18.5未満をやせと判定します。

この計算式を利用して、標準体重を求めることもできます。

標準体重(kg)=22×身長(m)×身長(m)

【例】

身長170cmの人は、[ 22×1.7×1.7=63.58 ]
この人の標準体重は63.58kgとなります。

PAGE TOP